未成年19歳でも借りれる金融ある?二十歳にならないとお金借りれない?

未成年19歳でも借りれる金融ある?二十歳にならないとお金借りれない?

未成年19歳でも借りれる金融ある?二十歳にならないとお金借りれない?

大手消費者金融や銀行カードローンは「満20歳から」と条件にしているところがほとんどです。未成年キャッシングを受け付けている会社や銀行はほとんど無いのが現状です。未成年の場合はキャッシング契約自体が無効になってしまう可能性があるため、20歳以上という制限を設けているのです。親権者に内緒で未成年がキャッシング契約をすると、親権者が申し立てた場合に契約取り消しになります。このリスクを背負ってまで融資を行えない、だから年齢制限を設けているのです。

 

しかし、「未成年だけどどうしてもお金を借りたい」と希望している人もいると思います。そういう時はクレジットカードや学生ローンなどを利用しましょう。普通のカードローンを申し込みたい人は1年待って、20歳になってから手続きを行ってください。学生ローンやクレジットカードのキャッシング枠であれば、未成年でも申し込めますし利用できます。

 

特に学生ローンはその名の通り学生を未成年の学生でも利用しやすいシステムになっていますので、学生の方は使ってみましょう。注意すべき点は闇金やソフト闇金が提供している学生ローンやキャッシングです。「未成年でも貸します」と書かれていたり、電話番号が携帯電話だけだったり、どこかおかしいと感じた場合は申し込みはしないようにしてください。

 

学生ローンは未成年の19歳でも、アルバイトでの収入があればお金を借りることができます。親や親権者の同意も不要というところも増えてきていますから、親に心配をかけたくないと考えている未成年の方にとっては利用しやすくなっています。まだまだ収入の少ない学生にとって嬉しいのが、金利です。通常のキャッシングに比べると金利が低く設定されていますので、返済しやすいのがメリットです。しかも、学生の期間中は金利分のみの返済でOK、就職して社会人になってから元金を返済すればいいので、月々のやりくりも楽になります。学生ローンを扱っている会社は色々ありますので、自分の条件に合ったものを利用しましょう。

 

学生のうちは金利分だけの返済でいい学生ローンですが、返済はきちんと計画を立てて行ってください。学生のうちにブラックリストなどに入ってしまうと、その後の就職に響いてしまう可能性があります。ちゃんと返済できるか不安な人は学生ローンの返済シミュレーションで月々の返済額をしっかりと把握しておきましょう。毎月のバイト代と返済に充てられる金額を覚えておき、返済シミュレーションで金額を確認してみてください。大抵の学生ローンは返済シミュレーションのコーナーを設けています。返済が滞らないためにも積極的に利用してください。

 

次にクレジットカードです。キャッシングは20歳以上からですが、クレジットカードの申し込みは18歳の未成年でも可能になっています。これは親権者の同意がちゃんと取れるため、申し込みやクレジットカードの所持ができるようになっているのです。この場合は親権者の信用情報も重要で審査に影響します。例えば、親権者が延滞を繰り返していたり、何らかの債務整理を行っていた場合は審査に落ちてしまうことがあります。申し込み者本人に問題が無くても、親権者の信用情報に何らかのトラブルがあると利用が難しくなります。

 

未成年キャッシングで一番気になる点が「親に秘密で借りられるか、キャッシングできるのか」ではないでしょうか。その場合は利用明細書を自分が受けとるように設定したりと工夫はできます。しかし、万が一返済ができなくなったときのことを考えると得策ではありません。話せる状況であれば、ご両親に相談して話を通しておくことを強くおすすめします。